甲賀市水口町の神社を紹介します。


綾野天満宮速玉神社藤栄神社
祭神 菅原道真公祭神 津速魂命祭神 加藤嘉明公
境内社 境内社 境内社 
本殿 一間社流造本殿 一間社流造本殿 一間社流造
神紋 梅鉢神紋 左三ツ巴神紋 下り藤
鎮座地 甲賀市水口町綾野鎮座地 甲賀市水口町秋葉鎮座地 甲賀市水口町梅ガ丘
由緒
延喜元年菅原道真の第四子淳茂、当美濃部郷に
寄寓の時、道真の木像を造り之を祀り、天慶三年
淳茂の庶子菅三郎社殿を造り氏神としたと伝える。
美濃部天満宮と称した。
由緒
甲賀郡北内貴村川田神社の旧末社。
由緒
旧水口城主加藤家の祖を祀る。

藤八幡神社秋葉神社國造神社
祭神 應神天皇祭神 祭神 
境内社 境内社 境内社 
本殿 一間社流造本殿 本殿 
神紋 左三ツ巴神紋 神紋 
鎮座地 甲賀市水口町水口鎮座地 甲賀市水口町秋葉鎮座地 甲賀市水口町水口
由緒
美濃部大炊介兼茂が建立したという。
由緒由緒

水口神社五十鈴神社八幡神社
祭神 大水口宿弥命
配祀神 大己貴命
祭神 天照皇大神祭神 應神天皇
境内社 武唯神社 玉津米神社 日枝神社
稲荷神社 水口恵比須神社
境内社 秋葉神社 稲荷神社 愛宕神社 島姫神社境内社 
本殿 三間社流造本殿 神明造本殿 一間社流造
神紋 五七の桐神紋 左三ツ巴神紋 左三ツ巴
鎮座地 甲賀市水口町宮ノ前鎮座地 甲賀市水口町東林口鎮座地 甲賀市水口町松尾
由緒
社伝によれば祭神の大水口宿弥命は饒速日命六世
出石心大臣の子で、出石心大臣命の母は淡海川枯姫
である。淡海川枯姫は川枯首阿自加伎袁命四世の孫
阿自夷沙比止命の後であって川枯神社に祀る。
大水口宿命母方の縁によりこの地に居住したものと
思われる。
由緒
創祀年代不詳
古来神明社と号した。
由緒
永保二年の創祀と云われる。

日枝神社八幡神社八幡神社
祭神 国狭槌尊 天児屋根命祭神 誉田別命
配祀神 火之伽具土神
祭神 應神天皇
配祀神 大己貴命
境内社 境内社 八坂神社 春日社境内社 
本殿 一間社流造本殿 一間社流造本殿 一間社流造
神紋 神紋 神紋 左三ツ巴
鎮座地 甲賀市水口町中畑鎮座地 甲賀市水口町新城鎮座地 甲賀市水口町名坂
由緒
古来山王明神と称し、文明元年社殿造営により
産土神となる。
由緒
創祀年代不詳
由緒
元明天皇和銅六年宇佐八幡宮の分霊を勧請し、
醍醐天皇元享元年坂本の日吉大社より大己貴命を
勧請し合祀。

稲荷神社三輪神社八坂神社
祭神 倉稲魂命
配祀神 太田君 猿田彦大神 大山祇神
祭神 大物主命祭神 素盞嗚尊
配祀神 大山祇神 日吉神
境内社 津島神社境内社 境内社 
本殿 一間社流造本殿 本殿 一間社切妻造
神紋 神紋 神紋 
鎮座地 甲賀市水口町嶬峨鎮座地 甲賀市水口町嶬峨鎮座地 甲賀市水口町嶬峨
由緒
創祀年代不詳
由緒
創祀年代不詳
本殿はなく、老杉の株を神体とする。
由緒
創祀年代不詳
安永二年村中に疫病が流行り、その災を祓うため
奉祀した。

八坂神社十二神社八幡神社
祭神 素盞嗚尊 聖武天皇 神武天皇祭神 須佐之男命御子祭神 應神天皇
配祀神 大山咋神
境内社 天神社 熊野社 川枯社
境外社 
八幡社 八坂社
境内社 八幡社 愛宕社境内社 若宮八幡神社 津島神社
本殿 一間社流造本殿 一間社流造本殿 一間社流造
神紋 織田木瓜神紋 神紋 左三ツ巴
鎮座地 甲賀市水口町嶬峨鎮座地 甲賀市水口町嶬峨鎮座地 甲賀市水口町和野
由緒
郷土開拓の祖神、川枯神を勧請、
天平二十一年左大臣橘諸兄が千光寺伽藍創立の際、
仏法擁護のため社殿を造営し素盞嗚尊を主神とした
という。
由緒
創祀年代不詳
由緒
室町初期宝徳二年の勧請という。

秋葉神社天満神社加茂神社
祭神 火之迦具土神祭神 菅原道真公祭神 天津彦火瓊々杵尊 天祖彦火瓊々杵尊
配祀神 天児屋根命
境内社 境内社 境内社 多賀神社 秋葉神社 竜王神社
本殿 一間社入母屋造正面唐破風付本殿 一間社流造本殿 一間社流造
神紋 神紋 梅鉢神紋 三ツ葉葵
鎮座地 甲賀市水口町和野鎮座地 甲賀市水口町和野鎮座地 甲賀市水口町虫生野
由緒
江戸中期佐治荘内に火災が頻々と発生したので
安永三年火伏の神として勧請。
由緒
文安二年佐治郷の領主佐治為継、天満威徳大自在
天神を勧請し天満宮と称する。
由緒
柏原天皇大永年間山城国加茂神社の分霊を
勧請し祀る。

天満宮佐土神社川田神社
祭神 菅原道真公祭神 国狭槌尊
配祀神 菅原道真公
祭神 天湯川桁命 天川田奈命
配祀神 天兒屋根命 大己貴命
境内社 鈴鹿神社 多賀神社境内社 国造神社 稲荷神社 天照大神社境内社 天満宮
本殿 一間社流造本殿 切妻造向拝付本殿 一間社流造
神紋 梅鉢神紋 梅鉢神紋 下り藤
鎮座地 甲賀市水口町宇川鎮座地 甲賀市水口町貴生川鎮座地 甲賀市水口町北内貴
由緒
社伝に、延喜年中菅原道真第四子淳茂当村に
留まり、天慶四年天満宮を勧請したと伝える。
由緒 不詳由緒
天湯川桁命は鳥取造の祖とする。本社殿の創建は
垂仁天皇の代と伝えられる。

日吉神社天満神社笠山神社
祭神 大山咋神
配祀神 大山祇神
祭神 菅原道真公祭神 
境内社 本宮神社 志那神社 玉ノ御前神社
秋葉神社
境外社 稲荷神社 神明神社 市杵島神社 
龍宮神社 金刀比羅神社
境外社 笠山神社境内社
本殿 春日造本殿 一間社流造本殿 
神紋 左三ツ巴神紋 梅鉢神紋 
鎮座地 甲賀市水口町三大寺鎮座地 甲賀市水口町高山鎮座地 甲賀市水口町高山
由緒
創立は白鳳年間と伝える。文栄年間日吉山王神を
奉祀、三大寺大明神と称した。
由緒
美濃部が知行となった際、菅原道真を奉祀し天満宮
と称した。

由緒
垂仁天皇の代、倭姫命が巡幸の途中、ここに憩われ
て、白菅の笠をこの杉樹に懸けたので、笠山神といい
病苦平癒の霊験あらたかとされる。
しかし神木笠杉は、昭和37年の伊勢湾台風で被害を
受け、以来樹勢は衰え、昭和55年、ついに600年の
木寿を終えた。

養父神社八坂神社總社神社
祭神 磐坂日子命 磐坂比賣命祭神 素盞嗚尊 伊弉冉尊祭神 大己貴命
境内社 五社宮 愛宕神社 西ノ宮神社境内社 勝手神社 横尾神社 若宮神社境外社 八幡神社 天神社 津島神社
本殿 一間社流造本殿 一間社流造本殿 一間社流造
神紋 神紋 神紋 
鎮座地 甲賀市水口町岩坂鎮座地 甲賀市水口町杣中鎮座地 甲賀市水口町牛飼
由緒
口伝に、元禄六年但馬国養父村の薮大明神を勧請
したと伝える。
由緒
往古祇園牛頭天王を奉祀し龍ヶ森社と称していた。
雨乞いの神事は近郷に名高い。
由緒
康和二年の鎮座という。

若宮神社日吉神社国中神社
祭神 仁徳天皇
配祀神 大山祇神
祭神 玉依姫命祭神 天照大神
配祀神 伊弉諾尊 大国主命
境内社 多賀神社境内社 秋葉神社境外社 吉山神社 日吉神社
本殿 一間社流造本殿 一間社流造本殿 一間社流造
神紋 神紋 左三ツ巴神紋 左三ツ巴
鎮座地 甲賀市水口町山上鎮座地 甲賀市水口町泉鎮座地 甲賀市水口町植
由緒
創祀年代不詳
往古大日如来を祀っていたが、望月甲三郎孫采女
なる者仁徳天皇を祀り産土神とした。
由緒
泉福寺の守護神として治安三年坂本日吉大社の
分霊を勧請した。
由緒
創祀年代不詳

八幡神社五十鈴神社日枝神社
祭神 應神天皇祭神 祭神 
境内社 愛宕神社 金刀比羅神社 佐田彦神社
境外社 日枝神社 五十鈴神社
境内社 境内社 
本殿 一間社流造本殿 本殿 
神紋 左三ツ巴神紋 神紋 
鎮座地 甲賀市水口町宇田鎮座地 甲賀市水口町宇田鎮座地 甲賀市水口町宇田
由緒
創祀年代不詳
由緒由緒

柏木神社春日神社八田神社
祭神 大己貴命
配祀神 誉田別命 川島皇子
祭神 天児屋根命 玉依姫命
配祀神 應神天皇 素盞嗚尊
祭神 瓊々杵尊 大己貴命
配祀神 天照大神 素盞嗚尊 奥津日子神
奥津比賣命 菅原道真公
境内社 大行神社 稲荷神社
境外社 日枝神社
境内社 八坂神社 愛宕神社 多度神社 八幡宮
春日正天狗社
境内社 東照宮 天照皇大宮 天満宮 大将軍社
八幡社 愛宕社 稲荷社 富士社 大亀塚明神社
本殿 三間社流造本殿 本殿 一間社流造
神紋 左三ツ巴 番鳩神紋 下り藤神紋 左三ツ巴
鎮座地 甲賀市水口町北脇鎮座地 甲賀市水口町春日鎮座地 甲賀市水口町八田
由緒
創祀は白鳳以前と伝えられ、もとは日吉山王を
奉祀し、建久年間源頼朝上洛の折、鶴岡八幡宮の
分霊を合祀したため、若宮八幡宮と呼ばれた。
由緒
延久四年に勧請した。
元禄元年素盞嗚尊、天保二年應神天皇を勧請した。
由緒
寛仁二年勧請と伝える。

三十八柱神社日吉神社 山村神社
祭神 国狭槌命
配祀神 瓊々杵尊 菅原道真公
祭神 大山咋神
配祀神 應神天皇 高U
 
祭神 少彦名命 菅原道真公
境内社 八幡神社 勝手神社 稲荷神社
金刀比羅神社 秋葉神社 今宮神社
境内社 嬉神社 稲荷神社

境内社 合魂神社 八幡神社 天照皇大神宮
境外社 
三十八社 稲荷神社

本殿 切妻造本殿 一間社流造本殿 一間社流造正面千鳥破風付
神紋 左三ツ巴神紋 左三ツ巴神紋 梅鉢
鎮座地 甲賀市水口町伴中山鎮座地 甲賀市水口町下山鎮座地 甲賀市水口町山
由緒
慈恵大師奉勅中山寺建立の時、その鎮守として
延長四年勧請。
由緒
日吉神社上七社の一つ、十禅師を勧請して
十善神社と称した。
由緒
創祀年代不詳

神社・市町別一覧に戻る

村の鎮守さま

滋賀県 近江国 神社 甲賀市水口町

万葉集を携えて

inserted by FC2 system