近江八幡市(安土町)の神社を紹介します。


沙沙貴神社熊野神社天満宮
祭神 少彦名神 大毘古神 仁徳天皇 宇多天皇
敦賀親王
祭神 速玉之男神 事解之男神 伊弉冉尊祭神 菅原道真公
境内社 海童神社 影友稲荷神社 加茂神社
愛宕神社 八神社
境外社 若宮神社 天満宮 八幡神社 恵比須神社
琴平神社 津島神社
境内社 八坂神社 蛭子神社 大国神社境内社 八幡神社
本殿 五間社流造
権殿 三間社流造
本殿 一間社流造本殿 一間社流造
神紋 七つ割平四つ目神紋 左三ツ巴 輪宝神紋 七ツ割平四ツ目 星梅鉢
鎮座地 近江八幡市安土町常楽寺鎮座地 近江八幡市安土町香庄鎮座地 近江八幡市安土町中屋
由緒
創祀年代不詳
佐々木氏の祖が、その祖神大彦命を祀る。
由緒
社伝に、応永年間此の処に熊野十二所権現の
寺堂あり、寛永元年に本殿を造営とある。
由緒
創祀年代不詳

若宮神社八幡神社石部神社
祭神 誉田別命 比賣神祭神 誉田別命 神功皇后 玉依姫命祭神 少彦名神 天照大神 高皇産霊神
大己貴命 櫛日方命
境内社 愛宕社境内社 稲荷神社 春日神社境内社 
本殿 一間社流造本殿 一間社流造本殿 一間社流造
神紋 七ツ割平四ツ目 右三ツ巴神紋 四ツ木瓜神紋 左三ツ巴
鎮座地 近江八幡市安土町小中鎮座地 近江八幡市安土町上豊浦鎮座地 近江八幡市安土町下豊浦
由緒
創祀年代不詳
由緒
平城天皇大同三年春日四所の大明神を大和国
三笠山より勧請した。四座は武甕槌神、経津主神、
天児屋根命、姫大神という。
後、織田信長は神社を悉く比都佐の地に移す。
後陽成天皇の代、本地に遷座し八幡社も合祀した。
由緒
創祀年代不詳
社伝によると景行天皇二十一年四月鎮座という。

新宮神社活津彦根神社奥石神社
祭神 速玉之男神 事解之男神 伊弉冉尊
配祀神 天照皇大神 瓊々杵尊 速須佐之男命
祭神 活津彦根命祭神 天児屋根命
境内社 若宮神社 速玉社 大神宮 津島神社境内社 蛭子神社 津島神社境内社 諏訪神社 稲荷神社
本殿 三間社流造本殿 三間社流造本殿 三間社流造
神紋 五ツ木瓜 揚羽蝶神紋 横木瓜神紋 四つ木瓜 左鎌
鎮座地 近江八幡市安土町下豊浦鎮座地 近江八幡市安土町下豊浦鎮座地 近江八幡市安土町東老蘇
由緒
天承元年紀州熊野の神を勧請する。
古例祭三月五日には花を以て祭る、是れは
白河天皇の御製「さき匂ふ花のけしきを見る
からに神の心なよそにしらるる」の和歌を唱
えるのを古例としている。
由緒
社伝に、豊浦庄の産土神の意を以て龍神大明神と
称す。
社宝に、永禄七年の墨書の銘ある十一面観音像を
蔵す。                             .
由緒
景行天皇の御宇、日本武尊蝦夷征伐の御時、
弟橘姫は上總の海にて海神の荒振るを鎮めん
として、「我胎内に子在すも尊に代りてその難を
救い奉らん霊魂は飛去り江州老蘇の森に留まり
永く女人平産を守るべし」と誓い給ひてその侭身
を海中に投じ給ふ云々とある。

また、孝霊天皇三十年石部大連という翁が
社檀を築いたのが始まりという。

鎌若宮神社八幡神社日吉神社
祭神 大己貴命祭神 應神天皇
配祀神息長足姫命 多紀理毘売命 市寸島毘売命
多岐都毘売命
祭神 大山咋神
境内社 境内社 井神社 津島神社境内社 蛭子社 祇園社
境外社 稲荷社 野神社
本殿 一間社流造本殿 三間社流造本殿 三間社流造
神紋 四ツ木瓜神紋 右三ツ巴神紋 左三ツ巴
鎮座地 近江八幡市安土町西老蘇鎮座地 近江八幡市安土町内野鎮座地 近江八幡市安土町石寺
由緒
東西老蘇は元一村であり鎌宮四座あった。
東西分立するに至り、鎌宮四座の中、大村座が
西老蘇として分離し鎌宮の若宮として勧請した
ものと伝える。
由緒
社伝に、新田義貞の四天王といわれた畑時能の
勧請した社と云われる。
由緒
創祀年代不詳
坂本日吉の神の分霊を祀る。

大中神社  
祭神 天照皇大神 豊受大神 少彦名神祭神 祭神 
境内社 境内社 境内社 
本殿 神明造本殿 本殿 
神紋 菊菱神紋 神紋 
鎮座地 近江八幡市安土町大中鎮座地 鎮座地 
由緒
昭和五十一年創建。
本殿は内宮摂社宇治山田の社殿を賜る。
由緒由緒

神社・市町別一覧に戻る

村の鎮守さま

滋賀県 近江国 神社 近江八幡市(安土町)

万葉集を携えて

inserted by FC2 system