鐘の岬

福岡県宗像市鐘崎

ちはやぶる 鐘の岬を 過ぎぬとも 我れは忘れじ 志賀の皇神  巻7−1230

鐘崎には、神功皇后伝説が伝わる織幡神社がある。

神功皇后の三韓征伐のとき、軍船に立てる紅白の幡をこの地で織らせた。

その幡を祀るのが織幡神社である。祭神は武内宿禰。

・・・

その境内奥が鐘の岬だ。手前の島が地ノ島、奥が大島。

この辺り、潮流が激しく、航海の難所と言われている。

歌中にある「志賀の皇神」は、志賀島にある「志賀海神社」、志賀島はここから西へ30`余にある。

眼下の海、玄界灘を小舟で大和に向かっていたときの歌であろう。

・・・・・

織幡神社

← 次ぎへ      次ぎへ →

故地一覧へ

万葉集 万葉故地 福岡 鐘の岬 織幡神社

万葉集を携えて

inserted by FC2 system