矢野の神山

兵庫県相生市矢野町

妻ごもる 矢野の神山 露霜に にほひそめたり 散らまく惜しも  巻10−2178

朝露に にほひそめたる 秋山に しぐれな降りそ ありわたるがね  巻10−2179

右の二首は、柿本朝臣人麻呂が歌集に出づ

相生市の北部矢野町森に磐座神社がある。

後背にある山が神体であろう。頂上付近に大きな磐石が見える。神坐す磐座である。

ここを万葉に詠われる「矢野の神山」と比定する。

万葉歌碑が神社境内にある。

矢野という地名、播磨・備後・伊予・出雲などに見えるらしいが未詳ということ。

← 次ぎへ

故地一覧へ

万葉集 万葉故地 兵庫 相生 矢野の神山

万葉集を携えて

inserted by FC2 system