三輪の崎

和歌山県新宮市三輪崎

長忌寸意吉麻呂が歌一首

苦しくも 降り来る雨か 三輪の崎 狭野の渡りに 家もあらなくに  巻3−265

三輪の崎 荒磯も見えず 波立ちぬ いづくゆ行かむ 避き道はなしに  巻7−1226

三輪崎・鈴島から孔島

三輪崎・孔島

・・・

三輪の崎の万葉歌碑


三輪崎・黒潮公園 巻3−265

三輪崎・黒潮公園 巻7−1226

・・・・・

万葉集巻4−496に詠まれる「み熊野の浦」は、和歌山県南部の新宮市や東牟婁郡の海岸のいずれかの浦を云う。

浜木綿の百重に咲く浦を詠う。

訪ねた孔島は浜木綿の群生地と云われてきたが、今は群生とはほど遠い。

でも、万葉歌碑も立ち、大切に浜木綿を守っていこうとされている地元の努力が覗え、万葉ファンとして感謝をしたい。

この孔島を囲むように三輪の崎・狭野(佐野)の地がある。

・・・

柿本朝臣人麻呂が歌

み熊野の 浦の浜木綿 百重なす 心は思へど 直に逢はぬかも  巻4−496

孔島の浜木綿

孔島に万葉歌碑がある。

← 次ぎへ

故地一覧へ

万葉集 万葉故地 和歌山 三輪の崎 孔島

万葉集を携えて

inserted by FC2 system