病中吟

旅に病んで夢は枯野をかけ廻る

・・・

大津市馬場 義仲寺

・・・

元禄七年十月、大坂で病に倒れ、御堂前に花屋で静養、その七日目即ち亡くなる四日前の作がこの句で、

傍らにいた門人呑舟に筆をとらせての病中の吟であり、絶唱の一句である。ただし、辞世ではない。

・・・・・・・

近江の芭蕉 句碑を訪ねる 義仲寺

一覧表に戻る

万葉集を携えて

inserted by FC2 system