永源寺

滋賀県東近江市永源寺高野町

永源寺は、臨済宗永源寺派の本山で、康安元年(1361)に近江国守護佐々木氏頼が、

臨済宗の僧、寂室元光を招いて開山した。

参道、120の石段を上る。羅漢坂と称し、

左側の石山に十六羅漢の石仏がおられるが、他の石に溶け込んでしまって見つけにくい。

 

石段を上りつめると総門、受付みたいなところ。

会社のように、きれいな受付嬢がいるわけでもなく、自販機で入山券を買う。切符確認におっちゃんがいる。

これが山門、見事な門だ。

 

山門をぬけると、左手に鐘楼、そして本堂があらわれる。

これが本堂。

これも本堂。

本堂にかかる「瑞石山」の額。開山寂光禅師の真蹟らしい。

「石」が石ではなく、点が附いていてわけあり。

本尊は、世継観音菩薩(秘仏)

あいがたき 法におうみの 永源寺 願うは のちの 世つぎ観音

鐘楼

禅堂

法堂 堂前に芭蕉の句碑がある。   芭蕉句碑

経堂

経堂の三像 この人たちはだあれ?

回廊の左右に

 

宝篋印塔

ここから「不許入門」

・・・・・

 

門前のみやげもの屋さんには、永源寺こんにゃく。

永源寺こんにゃくは赤い。最初はびっくりする。三二酸化鉄という食品添加物が赤色になるらしいが、

味はふつうのこんにゃくとまったく同じ。近江八幡市でも赤こんにゃくはうられているが、

安土城にいた派手好みの織田信長が、「赤いこんにゃくを作れ」と云ったそうな。

・・・

カロリーゼロのこんにゃくで、鉄分が補給できるというダイエット食品のすぐれもの。

みやげもの屋さんには、柚味噌と山椒味噌も売っている。

うちに帰って、ふつうのこんにゃくには山椒味噌、赤いこんにゃくには柚味噌をつけて食べた。

・・・

永源寺はやっぱり紅葉の頃が一番。

人は多いけどな。

・・・・・・・

近江の寺一覧に戻る

万葉集を携えて

inserted by FC2 system