西明寺

滋賀県犬上郡甲良町池寺

国宝・三重塔

平安時代の承和元年(834年)僧三修が仁明天皇の勅願により開創した。

本堂と三重塔は鎌倉時代を代表する建造物で、国宝に指定されている。飛騨の匠が建立した純和様建築で釘を使用していないもので屋根は桧皮葺きである。三重塔は、均斉のとれた美しい建造物で、初重内部は全面極彩色に装飾され、鎌倉時代初期の手法を残す。

平安時代の承和元年(834年)僧三修が仁明天皇の勅願により開創した。

本堂と三重塔は鎌倉時代を代表する建造物で、国宝に指定されている。
飛騨の匠が建立した純和様建築で釘を使用していないもので屋根は桧皮葺きである。
三重塔は、均斉のとれた美しい建造物で、初重内部は全面極彩色に装飾され、鎌倉時代初期の手法を残す。

二天門国宝・本堂三重塔内

近江の寺一覧に戻る

万葉集を携えて

inserted by FC2 system