三橋節子美術館

大津市小関町

長等公園に隣接して、三橋節子美術館がある。

 

三橋節子 (1939〜1975)

京都出身の画家。京都芸術大学美術学部卒。

1973年、ガンに侵された節子は右腕を切断するが、それでも絵筆を左手に持ちかえ、35才で亡くなるまで

絵を描くことに情熱を燃やした。

近江を愛した節子は、絵の題材に近江の民話を取り上げて多くを描いた。

そしてその絵の中には、当時まだ幼かった我が子をたびたび登場させ、

子どもたちを残して旅立つであろう母としての深い思いが込められていて、見るものの心を打つ。

・・・

 

「花折峠」           「余呉の天女」

  

「三井の晩鐘」                  「鬼子母神」                「湖の伝説」

・・・・・

親交のあった梅原猛著 『湖の伝説』 画家三橋節子の愛と死

・・・・・・・

晴輪雨読 サイクルロード

大津 長等公園 三橋節子美術館

一覧表に戻る

万葉集を携えて

inserted by FC2 system