狛坂寺跡磨崖仏

滋賀県栗東市荒張金勝山

 
金勝山の山中に狛坂寺跡はある。石垣を残すのみだが、その南側に大きな花崗岩にこの磨崖仏は刻まれる。高さ6b幅6bの岩肌に約3bの如来坐像と2.3bの菩薩立像2体を彫る。三尊とも半肉彫りであるが、立体感のある重厚な像である。岩面上部には2組の三尊像と3体の菩薩像が浮彫りされる。作風は韓国の新羅時代の磨崖仏に似ており、渡来系の石工の作と考えられる。

向かって左側に、別石の三尊像がある

・・・・・・・

 新羅時代の磨崖仏

韓国・慶州を訪ねた。南山の山中にある「七仏庵」の磨崖仏である。素人にもその相似性が分かる。

 「近江の石仏一覧」に戻る  

 近江の石仏 滋賀県 狛坂寺跡

inserted by FC2 system