「会津八一の南京」 歌碑を訪ねて

興福寺

興福寺をおもふ

はる きぬ と いま か もろびと ゆき かへり

ほとけ の には に はな さく らし も

・・・

興福寺

法相宗三大本山の一。藤原不比等が和銅三年(710)厩坂寺をここに移したるに始まり、藤原氏の氏寺として、

歴代の官寺なる東大寺と対峙して二大勢力の一となり、遂には堂塔の数も百宇を超ゆるに及べりといふ。

中世以後には僧兵を蓄へて武威を張り、或は春日の神輿を擁して朝廷に強訴し、或は比叡山、多武峰等と相攻伐し、

その間兵火に罹ることも屡なりしも、従って近畿の最大勢力となり、嘉吉元年(1441)に記録せるこの寺の『官務牒疏』によれば、

山城、大和、近江、摂津、伊賀の五国にたり、二百数十の社寺の上に統御の権を握りしが、享保二年(1717)金堂、西金堂、

講堂、南円堂が罹災して伽藍の中枢を失ひ、明治に入りては諸制度一変のために全く衰弱に陥れり。

その五重塔と東金堂とが、今も奈良市の景観の中心を成せるは、真に多とすべきも、その建立は室町時代を遡るものにあらず。

これより古きものには、北円堂と三重塔とがあれど、これ等もまた、鎌倉時代を上るものにはあらざるのみにあらず、観光者にして

その存在に注意するものまた少し。ひとり観音霊場西国第二番の札所として、わづかに徳川時代に再建したる南円堂に

賽するものあるのみ。

ただ境内に桜樹多く、ことに「いにしへの奈良の都の八重桜」と称する一株の老木は、この寺の地つづきなる学芸大学の庭植えにあり。

桜には千年の古木あるべくもあらねお、この名を聞きたるのみにても感想また多かるべし。『大和名所図絵』には当時に於ける樹姿を描けり。

そもそも天平時代に於けるこの寺の諸堂内外の多彩なる盛況を知らんとするには、須く先ず『続日本紀』と『万葉集』とを読み、

併せて『興福寺流記』または『諸寺縁起集』中のこの寺の条を読むべし。まことに咲く花の匂ふが如きものありしを知るべし。

                                                                『南京新唱』より

・・・・・・・

春日大社神苑 ←  興福寺  → 猿沢池

奈良市登大路町

「会津八一の南京」

春日大社神苑 興福寺 猿沢池 法輪寺 新薬師寺 東大寺 般若寺 海龍王寺 法華寺 秋篠寺 喜光寺

唐招提寺 薬師寺 上宮遺跡公園 法隆寺 i センター 法隆寺1丁目道沿い 中宮寺 (旧日吉館)飛鳥園

「万葉集を携えて」

inserted by FC2 system